2018年10月31日 (水)

2018年7月度月例会参加レポート

7月度月例会の参加レポートを小野正晴さんにお送りいただきました。月例会の雰囲気を感じていただければ幸いです。
--------
7月の月例会は、東京では猛暑の日となりましたが、お試し参加の人も含め、大勢の方が参加した大盛況の例会となりました。
テーマは「長沼本Royal Rumble」。日本シャーロッキアンの草分け、長沼弘毅氏が、日本初の本格的ホームズ研究書「シャーロック・ホームズの知恵」を出版し半世紀以上が経つ中で、長沼氏が書いた全9冊の研究書を、9人の会員の方が魅力を紹介し、“読みたい気にさせるか”を競う、いわゆるビブリオバトルです。プレゼンは爆笑あり、深い頷きあり、と様々でしたが大いに盛り上がり、最後に参加者の得票で1位を決めました。
以下、筆者の責任でプレゼンの様子を、発表順に紹介します。(長沼本の題名は「シャーロック・ホームズの~」の~だけにします)

①中島さんによる「恩人」の紹介:8冊目の出版で、長沼氏が知っていることは何でも書いておこう(?)という意図で書かれた、調べるには面倒な知識が簡単に得られる便利本!ベル博士、パジェット、ドイルの冤罪証明事件など、専門書を読まなくてもこれ1冊を読めばOK!
https://youtu.be/oXxx7QnFF2k

②中西さんによる「健在」の紹介:“噂によると9冊中、一番つまらない”。中途半端で、しかも引用が多い(256頁中134頁)!でも、シャーロッキアンなら読み飛ばすことができ速く読むことができるメリットも!ボヘミアはミステリーとしての倒叙法で書かれているという説明には頷ける・・なので是非、読むべき!
https://youtu.be/G9brUWZHZG8

③吉田さんによる「紫烟」の紹介:グラナダTV制作の「ギリシャ語通訳」事件冒頭のホームズ・ワトソンの会話映像を巧みに利用し、2人の会話の字幕に本の内容紹介をダブらせ、ホームズ・ワトソンが紹介するという完成度の高い映像作品によるプレゼン。一方、筆者はその完成度に圧倒されて内容まで頭に入ってこなくなってしまいました・・・。

④日暮さんによる「世界」の紹介:“内容の紹介はしないが一番大切な本!”9冊の長沼本の構成は、1冊目の「知恵」は入門編。その後、文藝春秋社から出た5冊こそ、長沼氏が書きたいことを掘り下げたもの。その最初が「世界」。内容としては、今出版されている研究本ではすべて書かれている一方、当時のシャーロッキアンを知るためには必読。

⑤新井さんによる「挨拶」の紹介:1971年9月に、新井さんが初めて出会った長沼本。当時は700円だったそうです。ディープな世界に、初めは“ついていけない”と思ったものの、内容は結構面白いと感じ、その後、長沼氏との手紙のやりとりなど個人的な交友も始まった想い出の1冊だそうです。
https://youtu.be/K2UjOI6HNqc

⑥長浜さんによる「対決」の紹介:かつての長沼本の人気ランキングで最低の結果となったともあると紹介。第一部には、シャーロッキアンらしい考察があるものの、第二部、第三部には長沼説は出ていない。それでも当時、日本推理作家協会の理事長だった松本清張が推薦文を載せたり、伊丹十三(当時は一三)が装丁を手掛けたりしていたそうです。
https://youtu.be/Rkvv-871Ihs

⑦別所さんによる「大学」の紹介:9冊シリーズ最後の本。オックスフォードかケンブリッジかというホームズの出身大学の論争のみならず、さらっと読み飛ばすことのできない細やかさ、ホームズを愛する故の妄想力・・といったシャーロッキアンとして学ぶべき心得が書かれていて、必読の1冊。奥付の長沼氏の肩書に誤植ありというトリビアも。
https://youtu.be/yeiq_JUlQcU

⑧佐原さんによる「知恵」の紹介:当時、ほとんどホームズの研究本は出版されていない中での記念すべき1冊目。長沼氏のホームズ愛にあふれている様子がよくわかり、内容も基本的なことが多く書かれていて、最初に読むべき研究書(長沼本)!ただ、クリスティの「アクロイド殺し」のネタバレには要注意だそうです。
https://youtu.be/rPImLJT7wjE

⑨遠藤さんによる「秘聞」の紹介:9タイトル中の5番目は傑作が多い!ベートーベンの「運命」も5番目。ホームズの「バスカ」も5番目。故に9冊中5番目の「秘聞」も傑作!!といささか強引ながらも、中身は、聖典研究、ドイル研究、ビクトリア朝研究とバランスもとれていると紹介。

最後に、参加者が投票で一番よかったプレゼンを決めました。結果は、佐原さんによる「知恵」が1位となりました。

1807_01
優勝は佐原さん!


筆者が長沼本を読破したのは15年程前ですが、今回の例会に参加して、また読み返してみたくなりました。みなさんもこの夏、長沼本を読み直してみませんか?
(それぞれの面白さが伝わらなければ筆者の責任です。またプレゼンされた方、内容や意図等に間違いがありましたらごめんなさい)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月度月例会のお知らせ

11月度の月例会は、「シャーロッキアーナ小ネタ集」をお送りします。

最近の月例会では、多くの場合一人の方に研究発表をお願いしています。発表時間は約2時間にも及びますので、準備していただくのもなかなか大変です。
何人かの方から「長時間の研究発表はできないけれど、30分程度であれば発表してもよい」という声をいただいたこともあり、今回は「小ネタ集」として、複数の方に発表をしていただくことにいたしました。バリエーションに富んだ内容になると思いますので、皆様奮ってご参加ください。会員以外の方のお試し参加も大歓迎です。

なお、参加ご希望の非会員の方は、月例会執行部宛にメール(jshctokyoreikai@gmail.com)にてご連絡下さい (会員の方は事前連絡不要です)。

【日時】2018年11月11日(日)開場13時、開始13時30分~
【会場】アトラスタワー茗荷谷 3F 会議室
【交通】東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車
【内容】「シャーロッキアーナ小ネタ集」
   ※内容一部紹介「トロント公共図書館紹介(ゲスト:ペギー・パーデューさんによる発表)」「時計の歴史(仲田文子さん)」「なんとなく買ったらホームズやドイルが出てきた本(長浜真人さん)」「長沼本ROYAL RUMBLE補遺版(中島ひろ子さん他)」
【会費】 300円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

2018年10月度月例会のお知らせ

7月以来3ヵ月ぶりの月例会は、中西裕さんによる「ドイルの「忍耐」体験」です。
中西さんには、月例会での発表を何年も前からお願いしていたにも関わらず、ずっと固辞されていましたが、今回ついにお引き受けいただきました。
中西さんには、発表の内容について一切教えていただけませんでしたが、今回発表いただくに当たり、コメントをいただくことができました。

「大会をはじめとする最近の発表は本格的なものが少なく不満です。そこで、これが研究発表だ、というものをお見せしたいと思います」

歴史に残る研究発表になるのは間違いなしです。是非皆様ご参加ください。会員以外の方のお試し参加も大歓迎です。
なお、参加ご希望の非会員の方は、月例会執行部宛にメール(jshctokyoreikai@gmail.com)にてご連絡下さい (会員の方は事前連絡不要です)。

【日時】2018年10月14日(日)開場13時、開始13時30分~
【会場】アトラスタワー茗荷谷 3F 会議室
【交通】東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車
【内容】「ドイルの「忍耐」体験」中西裕さん
【会費】 300円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

2018年6月度月例会参加レポート

6月度月例会の参加レポートを本間健太郎さんにお送りいただきました。月例会の雰囲気を感じていただければ幸いです。
--------
月例会の行われた6月10日(日)は、「時の記念日」です。そんな日にふさわしい題材「時計塔について」。
聖典にでてくる「時計塔」について渡辺峯樹さんが発表をしました。14世紀からヨーロッパの各都市に作られるようになった時計塔。一般庶民が時を知る唯一の手段として、そして都市のシンボルとなっていました。19世紀ホームズの時代には、近代の要求に見合った新しい建築に付随した時計塔が作られたそうです。
聖典には、6つの事件に時計塔が出てきます。
内訳は「まだらのひも」「四つの署名」「海軍条約文書」「ブラックピーター」「ブルース・パティントン型設計書」「レディー・フランシス・カーファックスの失踪」。
渡辺さんの発表では、聖典の内容からどこの時計塔の可能性が近いのか。そして、それはどんな音色だったのかを地図を駆使して分析していただきました。
動画では、ホームズが聞いたかもしれない時計塔の鐘の音を実際に聞くことができ、鐘の音といってもそれぞれ、鳴らす方法が違い音色も異なってくることをしることができ、ビクトリア朝時代に全員が思いをはせることができました。
ちなみに上記の6つの事件のうち5つの事件の時計塔は教会の時計塔。残り一つは、ロンドンのシンボル「ビッグベン」です。
現在、改修中の「ビッグベン」。もう一度聖典を読んで、想像の中で鐘の音色を聴いてみるのも良いのかもしれません。
補足として、英国の代表的な時計塔と日本の代表的な時計塔についてもお話を聞くことができました。「リトル・ベン」について知ることができたのが個人的には収穫でした。

発表終了後は、追加発表で遠藤尚彦さんによる「小学館版、名探偵ホームズ」の収録順の新旧比較。旧版では、「空き家の冒険」が「最後の事件」の前にきてしまうなど、不思議な現象があったようです。
最後に「第五回東京装画賞」について。書籍のカバーデザインについてのコンテストです。題材の一つとして「バスカヴィル家の犬」が選ばれており、「カバーが変われば別の本」と公然と発言する我がJSHC会員の皆様は興味津々。実際に発売されたら会員分は確実に売れるのですが、出版社のみなさまいかがでしょうか。

来月の長沼本バトルについての予告動画も流れ、充実した気分で月例会を終了することができました。
一か月の全ての楽しみが詰まった月例会。7月の月例会を目標に一か月を乗り越えていきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

2018年5月度月例会参加レポート

5月度月例会の参加レポートを今井愛さんにお送りいただきました。月例会の雰囲気を感じていただければ幸いです。
--------
5月の月例会はあいにくの雨模様の中でしたが、お試し参加、初参加の方も複数いる、相変わらずの盛況ぶりでした。
発表は中藤二郎さんによる「ホームズ譚について」。短編集のエピソードについて、という事前案内だったため、短編のストーリーに関する内容かと漠然と思っていましたが、実際の内容は様々なホームズ全集における長編も含めたエピソードの並び順についてのお話でした。
恥ずかしながら、全集というのは基本的に単行本の刊行順であり、B・グールドの詳註版の事件発生順というのが例外なのだと思いこんでいましたので、まず並び順が話題になるという時点で目からウロコがはらりと落ちました。
確かに、私が持っている新潮文庫版だって、そもそも刊行順ではありません。(思わず帰ってから適当に並べてあったのを並べ直しました。)
ちくま文庫、河出文庫、小学館、偕成社、青い鳥文庫と次々にスライドで紹介されていきます。ずらりと並んだ書名、そして箱。

2018_01
箱!

2018_02
箱!!

2018_03
箱!!!

全巻セットに付属する専用の箱に会場ころどよめきが起こりました。どよめくところはそこなのか、というつっこみもあるでしょうが、そこですよね。やはりシャーロッキアンはコレクター気質の方が多いようです。
肝心の並び順ですが、単行本単位でも、刊行順もあり、長編4冊→短編集という並びもあり。さらにはエピソード単位でシャッフルされている全集も紹介されました。
各エピソードの発表順のほか、事件発生(と、されている)順、オリジナルの並び順もあり、個人的には小学館版の「まだらのひもの次が空き家の冒険」が衝撃的でした。なにしろ滝に落ちる前に復活していますが、それで話は通じるのでしょうか。まっさらな気持ちで読んでみたかった気もします。
青い鳥文庫は新版と旧版で並びが異なるというのも興味深かったです。新版は赤毛連盟から始まり、次巻でバスカヴィルの犬、緋色の研究は更に2冊を挟んだあとです。旧版も赤毛連盟から始まりますが、短編集が2冊続いて緋色の研究です。
いずれにしろ二人の出会いのエピソードより「つかみ」を重視ということなのでしょうか。新版は人気の高いバスカヴィルを前に持ってきて、よりその傾向が強いのか、などと想像するのも楽しいです。
こうしてお話をうかがうと、並び順というのは編集者の意図や出版社の思惑が色濃く反映されているものだと改めて気づかされました。
最後は収録作についての語呂合わせがいくつか披露され、「なるほど!」のうなずきとはてなマークと笑いが交錯する中、発表は終了となりました。
ちなみに、わたしのメモに残っているのは、邦訳の「最後の挨拶」所収のエピソードは「あ行」か「は行」で始まるタイトルで構成されている、というものです。「なるほど!」と思われましたか?
今までほとんど意識していなかったエピソードの並び順でしたが、とてもおもしろいテーマでした。次に全集をそろえるときはぜひ意識して選んでみたいです。(そしてもちろん、箱のあるものを!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

2018年4月度月例会参加レポート

4月度月例会の参加レポートを掲載いたします。月例会の雰囲気を感じていただければ幸いです。 
--------
4月度月例会は、遠藤尚彦さん進行による「みんな昔は新入会員だった ―― 自己紹介例会 第4弾」でした。
今回のお題は、「① 私をホームズファンにしたこの1冊」「② JSHC会員としての今年の目標」「③ あなたが考える、「石川県と関連するシャーロック・ホームズ物語」は何ですか?」の3つでした。事前の予想としては恐らく①に集中するだろうと思っていたのですが、思いのほか③も多く、参加した方々はしっかりと準備してきたことがうかがえました。

①の「私をホームズファンにしたこの1冊」では、最初に出会ったホームズ物語を紹介する方と、小林さん・東山さんの研究書を挙げる方の2種類に分かれました。
前者では、ポプラ社の山中峯太郎訳や阿部知二訳、偕成社、講談社青い鳥文庫などが、後者ではパシフィカ/西武タイムの『名探偵読本』、グールドの『ガス燈に浮かぶその生涯』、『ガス燈に浮かぶSH』などが紹介されました。お二人の本を読んでホームズクラブに入会した方はやはり多く、改めてお二人の偉大さと、日本人シャーロッキアンの拡大に果たした役割の大きさを実感しました。

②の「ホームズクラブ会員としての今年の目標」では、「正典をすべて読み返す」「しっかりとした研究を行う」「ホームズについてのブログを充実させる」「月例会に毎月参加してお友達を100人つくる」「○○さんに月例会で発表してもらう」などなど、数々の野心的な目標が発表されました。月例会は会員の皆様の研究発表の場でもあります。最近入会した方で「何か発表したい」という方がいらっしゃいましたら是非月例会執行部にご連絡を!

③に関しては「自己紹介」と呼ぶのが適切かどうかよく分かりませんが、一見何の関係もなさそうな石川県とホームズについて、よくもまあそんなこじつけ、じゃなくて意想外の着想を思いつくものだ、と感心させられるものばかりでした(シャーロッキアンに必要なのは「力技」)。石川大会で同じ内容の発表を予定している若林孝彦さんもかなり参考になった様子でした。

今回の自己紹介例会は、お試しの方も含めると参加者は50名という大人数だったため、2回転目の途中で時間切れとなりました。ホームズクラブは別名「自己紹介クラブ」と言われるとおり、会員の方は自己紹介がお好きな方が多いようなので、月例会執行部としては、来年以降もこの企画を続けていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

2018年7月度月例会のお知らせ

7月度月例会は、長沼本紹介企画、題して「長沼本Royal Rumble」です。

長沼弘毅による日本初の本格的ホームズ研究書『シャーロック・ホームズの知恵』が出版されたのは1961年のこと。以後15年に亘り出版された全9冊の研究書は、シャーロッキアンの間では「長沼本」と呼ばれています。一時期はシャーロッキアンのマストアイテムでしたが、それも今は昔。古本屋での値段も下がり、今では大会のオークションで手が上がらないこともあります。

しかし、このまま長沼本を忘れ去ってしまってよいのでしょうか。1999年のJSHC特別配布物『実用シャーロッキアナ便覧』で、小林司さんは『シャーロック・ホームズの知恵』について、「現在であれば、ここに書いてあることは、どんなシャーロッキアンでも知っているごく基礎的な知識が並べてある」と書かれています。そうです、長沼本はシャーロッキアンの基本なのです!

とはいえ、長沼本を知らない新しいシャーロッキアンも増えていますし、昔読んだベテラン会員はどうせ内容なんて覚えちゃいないでしょう。そこで、長沼本には一体どういうことが書かれているのか、9人の方に1冊ずつ5分以内で紹介していただく、いわゆるビブリオバトル的な企画を行うことといたしました。ただし、ビブリオバトルは口頭での紹介のみですが、今回の「長沼本Royal Rumble」は、プレゼンソフトを使ったり資料を配布するのもOKの“何でもあり”ルールです。

長沼本に関する知識を得たい方、シャーロッキアンによるロイヤルランブル戦に興味のある方は是非ご参加ください。会員以外の方のお試し参加も大歓迎です。

なお、参加ご希望の非会員の方は、月例会執行部宛にメール(jshctokyoreikai@gmail.com)にてご連絡下さい (会員の方は事前連絡不要です)。

【日時】2018年7月8日(日)開場13時、開始13時30分~
【会場】アトラスタワー茗荷谷 3F 会議室
【交通】東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車
【内容】「長沼本Royal Rumble」
【会費】 300円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

2018年2月度月例会参加レポート

2月度月例会の参加レポートを小高茂さんにお送りいただきました。月例会の雰囲気を感じていただければ幸いです。 
--------
罪悪感を抱きつつもお休みが多く、月例会栄光の歴史に一人黙々と大空白時代を刻むシゲルソンの端くれの私ですが、若林孝彦さん主催のリアル宝探しゲーム「ボルジア家の黒真珠を探せ!」が開催されるということで久々に2月11日の月例会に参加させていただきました。今回で5回目になるこのゲーム、今までとの違いはホームズ&ワトソンのヴィクトリア朝時代ではなく主人公がシャーロック&ジョンの現代が舞台ということです。

グループ対抗で行われるこのゲームに先立ち、まずはグループ分けが行われ、私は新井清司さんをリーダーとする221Bならぬ結成日@2.11Bグループに配属されました。そしておまちかねの問題文が配られると参加者全員が心の中で”The game is afoot!”と叫び、食い入るように読みはじめました。

ロンドンで3件、ダートムアで1件ひき逃げによる連続殺人事件があり、そこに残された手がかりをもとにボルジア家の黒真珠が隠されている場所を探しあてるというのが今回のゲームのルールです。しかしながら、数分間で確信したことは「難しすぎてわからない」。私の場合、ロンドンの地図を用意するのが有用とのことなのでロンドンで発生した3つの事件の場所を地図上で結んで三角形にして、その中心にヒントがあるのではと探してはみたものの検討違い。時間だけが過ぎ、あせりの色が濃くなってきたところで、若林さんからヒントが記載されたプリントが配布されました。

そのプリントの最後の一文を読んだ瞬間、頭の中である考えが閃き、原点回帰で問題文の最後の一文を確認したこところで思いました。「隠し場所、わかっちゃったかも。」
その後、閃いた考えを正典で確認して自信が確信に変わりました。結果的には大正解!だったのですが、その隠し場所にたどり着いた推理の過程(問題文で示された事件に共通点があるようでその共通点が見つかればクリアできることが判明)が説明できないとクリアとは認められないのがこのゲーム。2.11Bグループメンバーに推理を話し、今度は解答までの過程をメンバー全員で考えましたが、そこからが大苦戦。

そうこうしているうちにクリアするグループも出てきてあせりと疲れが見え始めました。共通点を見つけるためにグループメンバー全員、血眼になり事典やら正典やらをひっくり返し、出来たと意気込みつつ若林さんのところに答え合わせに赴いたところ、そこで言われた言葉は「考えすぎ」。どうやら我がグループの思考は出題者のはるか上をいってしまったようです。
結局、制限時間内ギリギリでのクリアとなり、結果としては芳しくないものになってしまいましたが、2.11Bグループ全員で協力しながら一つの目標に向かって長く濃密な時間を共有できたことは、早々とクリアして優越感に浸ることより意義があったのではと感じました。

その後、答え合わせの時間があり、今回のリアル宝探しゲームは終了しましたが、参加者からは次回の開催を強く希望する声が続出しました。私も同感で次回開催時には同じ2.11Bグループでリベンジを目論み、早々とクリアして優越感に浸りたいと思っています(もう前言撤回です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月度月例会イベント「ボルジア家の黒真珠を探せ!」解答編公開!

大変お待たせしました。2月度月例会のリアル宝探しゲーム「ボルジア家の黒真珠を探せ!第5回」、解答編を公開します!

【解 答 編】
「ホームズ、これはABCD殺人事件ということだろ。」 「ぜんぜん違うね。まず、オートバイ連続殺人事件の謎を解いてみよう。最初は、昨年8月に発 生したバックウォーター卿(Lord Backwater)のひき逃げ事件だ。事件はどこでおこった?」 「ぼくらの目の前だ。ベイカー街(Baker St.)だ。」

「次におこったのは? その次は? 最後におこったのは?」 「次は、去年の11月、ダートムア(Dartmoor)でおこったローモンド公爵(Duke of Lomond)の 事件だ。その次は、クリスマス前にマグヌッセン家のメイド、アガサ(Agatha)がアビー・ロード (Abbey Ro.)でひき殺された。最後は、一昨日の夜、パブ・シャーロック・ホームズがあるチャリ ング・クロス(Charing Cross)でキャルホウン船長(Cap. Calhoun)がひき殺された事件。BDAC 殺人事件?」

「ちょっと違うね。2番目におこったのは、ロング・ダウン(Long Down)の塚のそばで、枢密顧問 官のローモンド公爵が殺された事件だ。つまり、事件はB・L・A・Cの順番におこったんだ。」 「そうか、わかったぞ! ブラック・ピーターってことか。」 「そのとおり。そして、もうひとつの方法、探しているものを探せだ。」 「問題の中で、探されているものを並べてみるよ。パソコン、%、巡査(police constable)、 パトロール・カー、枢密顧問官(privy councilor)、封筒?」 「つまり「PC」を探せということだ。」

「でも、封筒は?」 「封筒にも「PC」と書いてあったのさ。「PC」のイニシャルといえば?」 「そうか、ピーター・ケアリ船長だ! パトリック・ケアンズも「PC」だ。」 「そして、黒真珠がはいっていた封筒は封緘(seal=あざらし)されていて、中には一つまみの強い 刻み煙草が入っていた。これで隠し場所はわかっただろ。」


正解:光文社文庫『生還』「ブラック・ピーター」P.238/244 等 新潮文庫『帰還』「黒ピーター」P.169/175 等 の「PC」(パトリック・ケアンズ)のイニシャルが書かれたあざらし皮(sealskin)の煙草入れの中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月度月例会イベント「ボルジア家の黒真珠を探せ!」解答編公開!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年6月度月例会のお知らせ