« 2014年9月度東京例会参加レポート | トップページ | 年末大発送について »

2014年10月26日 (日)

2014年10月度東京例会参加レポート

10月度東京例会に参加した小高茂さんに参加レポートをお送りいただきました。
レポートにもあるとおり、今回は機材トラブルのため執行部は大パニックでした。そのため当日の写真を撮影しておらず、鷲平ケイさんに当日のスライドの写真を、発表者の山下真由子さんに書影をご提供いただきました。

--------
久々に参加する東京例会にも関わらず遅刻して到着するとまだ発表は開始されていませんでした。どうやらパソコンのデータがスクリーンに投影できなかったようで、(ひきつった)笑顔の進行役の執行部A氏の英断でいきなりの情報交換、続いて休憩突入という掟破りの展開に。
休憩時間中に奇跡的に投影に成功し、発表開始となった今回のテーマは山下真由子さんの「戦後児童書の邦訳タイトルについて語ろう」。全作品について知りうる限りの児童書の邦訳タイトルを紹介するというものですが、個人的には抱腹絶倒の内容でした。比較的オーソドックなものから、完全にネタバレしているもの、そのタイトルからはわかるはずがないもの、ミスリードを誘発するもの・・とタイトルは多種多彩で、スペースの都合上、すべてを紹介するわけにはいきませんが、印象的なものをいくつか記載しますのでどの作品のタイトルなのか推理してみていただければ幸いです(括弧の中は翻訳者名)。

Q1:悪魔のガス(久米元一・穣)
Q2:秋の女(平井芳夫)
Q3:パイ君は正直だ(山中峯太郎)
Q4:死ぬ前の名探偵(山中峯太郎)
Q5:バカな毒婦(山中峯太郎)
Q6:恐怖の4(久米元一・穣)
Q7:白い吸血鬼(白木茂)

(『恐怖の4』の書影)
0001

この種のトンデモ訳に関しては山中峯太郎大先生の独壇場では、という固定観念がありましたが、久米元一・穣親子をはじめとする他の皆様の頑張りにも目ざましい(?)ものがありました。特に他の方が尋常ではないタイトルなのに山中大先生がオーソドックスなタイトルにしているのを目にすると、発表者の山下さんと同じように心の中で思わず「ふがいないぞ、峯太郎!」(失礼)と叫びたくなる始末でした。

(当日発表のスライドその1。身も蓋もない題名)
0002

(当日発表のスライドその2。JSHC主宰者のお二人も、謎の題名を付けています。これで『緋色』と分かったらスゴイ)
0003_2

 こうして、大爆笑のうちに発表が終了した後、日暮さんより10月5日に神戸・北野の異人館「英国館」にて行われたホームズ生誕160年記念のホームズ像除幕式参加報告があり、(もう一方の進行役である執行部N氏のお言葉を借りれば)特にアクシデントもなく平穏無事に2014年10月東京例会は終了いたしました。
楽しい時間をどうも有難うございました。

以下、問題の回答です(括弧の中は発表者の山下さん、若しくは私のツッコミです)。

A1:悪魔の足(これではネタバレですね・・・)
A2:独身の貴族(このタイトルではわかるわけありません・・・)
A3:株式仲買店員(正直だって言われても・・・)
A4:瀕死の探偵(死ぬこと前提ですか・・・)
A5:三破風館(児童書のタイトルとして許されるのでしょうか・・・)
A6:四つの署名(「恐怖の谷」と思うでしょ・・・)
A7:チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン(これも「吸血鬼」と思うでしょ・・・)
--------

なお、当日は初参加の方1名、お試し参加の方1名に来ていただき、現在の会場(アトラスタワー茗荷谷)になって始めての満員状態でした。執行部としては嬉しい限りです。引き続き多くのシャーロッキアンの方々に楽しんでいただける集まりにしたいと思っています。
JSHC東京例会では、新しいシャーロッキアンの方々を歓迎しています。敷き居が高いと思っているROM会員の方や非会員の方、そんなことは全くありませんので、是非ご参加下さい。

|

« 2014年9月度東京例会参加レポート | トップページ | 年末大発送について »

東京例会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年10月度東京例会参加レポート:

« 2014年9月度東京例会参加レポート | トップページ | 年末大発送について »