« 年末大発送について | トップページ | ホームズクラブの活動について(全国大会編) »

2014年12月22日 (月)

『NHKパペットエンターテインメント シャーロックホームズ展』探訪の記

NHKスタジオパークの『NHKパペットエンターテインメント シャーロックホームズ展』に、JSHC会員有志で行ったときのレポートをお送りいたします(写真:中島ひろ子さん)。
--------
NHKスタジオパークにて、『NHKパペットエンターテインメント シャーロックホームズ展』が催されています。と同時にワークショップも行われているとのこと。12/14に、大発送の前に会員6名にて行ってきました。
スタジオパークの中に入っていくと、マッサンの展示や生放送のスタジオなど見向きもせずに、一番奥のスペースに大々的(主観が混じってます)に設けられていたシャーロックホームズのスペースに進んで行きました。ワークショップに参加するための整理券を入手した後、コーナーに入る前なのに皆で撮影大会が発生。

ワークショップ入り口
0001_2

が、開始30分近く前だったのに整理券の番号がもう50番台だったので、ふと我に返ってあわてて中に入ります。
中に入ると撮影の舞台やパペット、小道具が飾ってありましたが、ワークショップが行われる場所を見てみると、人形劇用の舞台が設置されており、既に大勢の人が開演を待って座り込んでいました(客層は小さい子どもたち及び保護者の方。大きいお友達もちらほら)。パペット等の鑑賞は後回しにして、我々もワークショップの行われる場所に行き、体育座りや正座(なんと椅子でなく絨毯の上に直接座りました)でちょっと窮屈な体勢で開始時刻を待ちます。
進行役のお姉さんが登場し観客の皆が声を合わせて「ホームズー、ワトソーン!」と呼ぶと舞台の袖からホームズとワトソンのパペットが登場。観客から歓声が沸き起こりました。

ホームズ登場!
0002_2

ワトソン登場! 
0003_2

ワトソンとお話しをする司会のお姉さん
0004_2

ワークショップでは、パペットの操作の仕方やパペット故の苦労話等、貴重な話を操演者(パペットを動かす方のことです)から直接伺うことができました。
曰く「パペット毎に操演者は決まっているので、ホームズを操っている方は他のパペットは操作しない」、曰く「パペットを操作している時は黒い服を着ています。理由は①人形浄瑠璃の人形遣いと同じように黒子という意味合い②撮影の際、黒以外の服を着ていると操演者の服に照明が反射してパペットに不要な光が映ってしまうため」
途中で、実際にパペット(スタンフォードとドレッパー)を台詞に合わせて操作する体験コーナーも設けられ、会場の男の子2人が上手く動かしていました(若干、うらやましい…)。

スタンフォードの操作
0005_2

ドレッバーの操作
0006_2

とワークショップは終了し、後回しにしていた小道具や舞台の鑑賞や撮影大会に突入いたしました。個人的には『二都物語』 と『レ・ミゼラブル』 の本が欲しかったです。で、ワークショップ参加者には、塗り絵二種類貰えるとのことで、我々も塗り絵をゲットしました。

奥に「赤毛クラブの冒険」の小道具が
0007_2

『二都物語』や『レ・ミゼラブル』は欲しい!
0008_2

ホームズとワトソンの部屋
0009_3

校長室
0010_3

十分に展示も堪能したあと、この日のメインイベントの大発送の会場に向かいました。
--------
なお、一緒に見学をした鷲平ケイさんも、ブログでこのときのことを書かれています。是非あわせてお読み下さい。
この『NHKパペットエンターテインメント
シャーロックーホームズ展』は来週日曜日、28日まで開催しています。28日にはワークショップも行われますので、参加されてみては如何でしょうか。

|

« 年末大発送について | トップページ | ホームズクラブの活動について(全国大会編) »

ホームズ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034177/58337671

この記事へのトラックバック一覧です: 『NHKパペットエンターテインメント シャーロックホームズ展』探訪の記:

« 年末大発送について | トップページ | ホームズクラブの活動について(全国大会編) »