« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月21日 (日)

2016年2月度東京例会イベント「ボルジア家の黒真珠を探せ! 第3回」公開!(問題編)

【問 題 編】
「想像してごらん、ホームズ。僕は、時空を超えたレストラン“シンプソンズ”の奥まった席に座って、一人ウィスキー・ソーダを飲みながら、3人の招待客たちが集まるのを待っていたんだ。」
その夜の晩餐会は、実在、架空を問わずホームズ物語に登場する人たちに集まってもらい、ワトソンが感謝の意を表するというのが表向きの趣旨でした。
約束の午後8時をやや過ぎて、漆黒のドレスをまとった美しい女性が姿を現しました。左右に分けた長い黒髪が驚くほど印象的で、左側の髪に赤や白の美しい花飾りが挿してあるのをワトソンはじっと見つめました。
「何か? ワトソンさん、本日はお招きありがとうございます。」彼女は、フランスなまりの英語で挨拶しました。
「こちらこそ、貴女のような美しく聡明な方とお会いできて光栄です。」と、ワトソンは握手をしながら答えました。
「どうもありがとう。でも、私は決してそんな女ではありませんのよ。聡明な女だったら、あんなに男で苦労はしませんわ。芸術家ってそんなものよ。」彼女は微笑みながら答えました。
次に現れたのは、高級だが古めかしい茶色の上着を着た、額の禿げあがった初老の男でした。
「昨日、連絡をくださったワトソンさんはあなたですな。」彼の英語には強いドイツなまりがありました。
「私もホームズも、あなたには本当に傾倒しているんです。」ワトソンが答えました。
「今宵の晩餐は文学者の集いといったところですかな。これは楽しみですな。」と男が言いました。
 三人は、極上のクラレットを飲みながら、時の経つのも忘れて、文学談義、芸術談義に花を咲かせました。
「芸術は長く、人生は短い、と言ったのは誰だったかしら?」と黒髪の女性。
「ヒポクラテスですよ。私は時々思うのですが、人間の真の偉大さを証明する第一のものは、自分自身が卑小であることを認識することにありますな。」初老の男が続けました。
 三人目の招待客がやってきたのは、若い給仕が名物のローストビーフのサービスを始めようとした時でした。
体格がよくてひたいの広いハンサムな男でした。
「僕を素通りしないでくださいよ。」男は流ちょうなフランス語とドイツ語と英語の三カ国語で挨拶をしました。
三人が驚いた表情をすると、男は恥ずかしそうに答えました。「こう見えても、私は数カ国語を話すんですよ。」
「君が執事をしていたとはだれも気がつかないだろう。」とワトソン。
「こちらはどなたかしら? 失礼ですけど有名な方ではないようね。女たらしには見えますけど。」
「これは手厳しい。いずれ、もう一回生れ変わって、皆さんと一緒に世界的な有名人になりますよ。」男は笑って答えました。
 四人の話題は、ふたたび文学談義、芸術談義へと戻っていきました。
「皆さんは、誰のために作品を書いていらっしゃるの?」と黒髪の女性。
「私は、ホームズ物語を楽しみにしてくれている読者のためですね。」とワトソン。
「私のお付き合いしていたピアニストは、私はただ一人の人に聞かせるために弾く、と言っていましたわ。」
「そういえば、君は楽器が得意だったね。」ワトソンは元執事に尋ねました。
「楽器はなんでもこなしますよ、将来は太鼓をたたくつもりですが。」男が答えました。
ワトソンから、本当の目的が切り出されたのは、食後のコーヒーが出された頃でした。
「皆さん、今晩集まっていだいたのには、実は別の理由があります。ボルジア家の黒真珠が行方不明になっているのはご存じでしょう。ホームズいわく、黒真珠の隠し場所は私たちの出身地で起った事件が係わっているのだそうです。ホームズは、警察が犯人を逮捕した時に、凶器なんか探さないで、黒真珠を捜していたら必ず見つかったはずだよ、というのですが。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月度東京例会イベント「ボルジア家の黒真珠を探せ! 第3回」公開!(ルール説明編)

2月度東京例会で開催したリアル宝探しゲーム「ボルジア家の黒真珠を探せ! 第3回」、今回も盛り上がりました。第1回よりは易しいけれど、第2回よりはかなり難しい問題に、満員の参加者も大苦戦でした。折角なので、是非チャレンジしてみて下さい。
それでは、 まずはルール説明から。このルール説明にもいろんな仕掛けが組み込まれていますので、問題編とセットでじっくりお読み下さい。
※東京例会で配布したものと同一の内容です。
-------
【はじめに】

「ボルジア家の黒真珠」が何者かに盗まれ、ホームズ物語60編のどこかに隠されています。
「ボルジア家の黒真珠」は小さなものですから、ベイカー街221Bの部屋にある銀のコーヒー・ポットの中、ヘンリー・ベイカー氏の黒い帽子の中、ライヘンバッハの滝に残されたホームズの銀のシガレット・ケースの中など、どこに隠されているかわかりません。
皆さんの使命は、問題を注意深くよーく読んだうえで、観察し、推理し、「ボルジア家の黒真珠」の隠し場所を探し出すことです。
【ルールとガイド】
1.テキストとしては、光文社文庫版(日暮訳)を使用しますが、必要に応じて正典(原書)を使用、参照することとします。新潮文庫でもほとんど問題ありませんが、光文社文庫の方がベターです。
2.善良なる市民やシャーロキアンとしての一般常識は極めて重要です。例えば、アーサー・コナン・ドイルはエドワード7世からサーの称号を賜ったとか、新潮文庫の『ドイル傑作集Ⅰ ミステリー篇』の1番目と3番目はホームズ物語の外典(アポクリファ)とされているとか、アバディーンはスコットランド東岸の港町だとか、ロイヤル・アルバート・ホールはロンドンを代表するコンサート・ホールとして知られているとか、こういう事実は当然のことながら問題を解く前提となります。
3.効率よく解答を得ようとする場合は、ジャック・トレイシー『SH大百科事典』などが大いに役立つでしょう。また、もしお持ちであればCD-ROM版の『新潮文庫SH全集』が便利かもしれません。
 もちろん、ネットで調べるのも、博識のシャーロキアンに聞くのも自由です。
4.これはゲームですから、隠し場所を探すのに、年代学的な詮索をしたり、細かい時代考証をして、この時代にこんなことはあり得ないとか考えることは、推理の迷路に踏み込むだけですのでお勧めできません。
5.隠し場所は、『(作品名・長編なら第○章も)』に出てくる○○の中(○○文庫版○○ページ)、という形式で解答してください。
解答例: 『ボヘミアの醜聞』に出てくるボヘミア国王の鞣革の紙入れの中(新潮文庫版23ページ)、
もちろん、『ボヘミアの醜聞』に出てくるボヘミア国王のセーム革の袋の中(光文社文庫版28ページ)、
でも正解です。
複数個所に同じ隠し場所が出てくれば、これも正解とします。
6.解答は、「推理の過程」と「隠し場所」の両方が合っている場合に正解とします。
  当てずっぽうで「サー・ヘンリー・バスカヴィルが盗まれた古い黒ブーツの片方の中」と解答して、たまたま正解と一致しても、これは正解ではありません。
【東京例会ルール・ガイド】
1.東京例会では、チーム対抗で推理していただきます。 
  大きな声で話すと他チームに情報が筒抜けになりますので、十分ご注意ください。
2.出題者側で、テキスト、原著、PC等を用意します。
3.途中で、ヒントを出す予定です。
4.時間中であれば、質問を受け付けますが、当然のことながらお答えできない場合も多々あります。適切な質問であれば、質問と解答を全員に共有します。
5.正解にたどりついた(と思われる)チームは、解答を出題者にこっそりと話して下さい。外れた場合でも、推理が合っていれば、どこまで正しいかをお知らせします。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »