« 2016年7月度月例会のお知らせ | トップページ | 2016年6月度月例会参加レポート »

2016年7月28日 (木)

2016年5月度月例会参加レポート

5月度月例会の参加レポートを西牧治子さんにお送りいただきました。月例会の雰囲気を感じていただければ幸いです。 
--------
この度、約2年ぶりに月例会に参加させていただきました。
初めに、植田弘隆さんがスプーンを片手に、スペインで発行された沢山のホームズ/ドイル本を楽しく解説して下さいました。手に入れた際のエピソードなども交えて、次から次へとスクリーンで紹介される本(本だけでなくキャラメルやチョコレートのカードまでも)は、どれも独特で、春の大会の時にも思いましたが、「すごいな~」と改めて驚かされました。また何より、植田さんがそれぞれの本と出会った時の記憶や思い出のお話は、非常に貴重で、大変面白かったです。
スパイダーマン、火星人、ピノッキオ、ヘンテコな変装をしたホームズなど登場する中、犯人(?)が竹馬で逃げているシーンが描かれたパスティーシュでは、「竹馬じゃ逃げても追いついちゃうよね」といった声で笑いが上がり、スペインに竹馬が存在している事も意外でしたが、どんなストーリーなのか気になりました。

201605_001_3
スパイダーマンホームズ

「なぜ、我が家の猫はスペインの本を舐めるのか?」では、植田さんのかわいいピッコロちゃんの写真が登場。正直、今回のこのタイトルが気になり、個人的に楽しみにしていました。
ピッコロちゃんに舐められたPinocho Sherlock Homesの本を順番にまわしていただき、参加者の皆さんで拝見。なぜ舐めるのか「本人(本猫)のみぞ知る」ですが、
植田さん曰く「もしかするとオリーブオイルの味がするのかも?」という事でした。

201605_002
スペインの本が好きなピッコロちゃん

続いて長浜さんの「ホームズ物語にでてくる暗号の役割について」から話題はポーの「黄金虫」に。皆さんは「黄金虫」を「おうごんちゅう」、「こがねむし」どちらで読んでいますか?といった滑り出しで「黄金虫」の読み方一覧を配布して皆さんにまずは確認。
どちらかというと確か「おうごんちゅう」が多数でしたでしょうか。

201605_003
皆さんはどちらですか? 

Mさんからは「カブトムシ」「クワガタムシ」を「カブトちゅう」「クワガタちゅう」とは読まないので、「おうごんちゅう」では違和感があるのでは?という声。
Iさんからは「黒猫」と「おうごんちゅう」・・・と読むとそれだけでも怪しい、何かミステリアスな謎の虫かと、読んでみたくなる吸引力をもっている、とのコメント。
確かに「黒猫」と「こがねむし」・・・まじめに声に出して読むと何だか笑えます。
そして、虫の話からなぜか「ゴキ○○」の話へ。Eさんの「古文で『ゴキ』が食器の事だと習わなかった?」といった話から、更にWさんからも「ゴキ」という言葉が昔は「食器」の事であり、食器にかぶりつく虫という事で「ゴキ○○」、という話がでました。
脱線しているようで、確かにホームズに紐づいたこういった会話が、月例会の醍醐味ですよね。帰って漢字を調べたところ、「御器噛」とありました。カタカナの表記よりは多少マシな気がします。
以上、私のつたないレポートでは講義の本当の面白さは伝わりにくいと思いますが、
ご容赦いただけたら幸いです。また次回を楽しみにしています。

|

« 2016年7月度月例会のお知らせ | トップページ | 2016年6月度月例会参加レポート »

月例会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034177/66731936

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年5月度月例会参加レポート:

« 2016年7月度月例会のお知らせ | トップページ | 2016年6月度月例会参加レポート »