« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月22日 (月)

2017年6月度月例会のお知らせ

2017年6月度月例会は、日暮雅通さん&北原尚彦さんによる「児童&YA向けホームズものについて語ろう」です。内容は以下のとおり(日暮さん曰く、あくまで予定です)。

・児童向け正典訳の歴史的変遷
・児童向けと大人向け、正典翻訳の違い
・児童向けとヤングアダルト向けパロディ(ラノベ含む)の昨今の広がり
・未訳の海外ヤングアダルト向けパロディの紹介

上記の内容について、日暮さんと北原さんのお二人が交互に話し手/聞き手となって進めていかれるとのこと。日暮さんと北原さんのコンビが月例会で発表されるのは恐らく初めてだと思います。初参加の方、非会員の方のお試し参加も大歓迎です。是非奮ってご参加下さい。

【日 時】2017年6月11日(日)開場13時、開始13時30分~
【会 場】アトラスタワー茗荷谷 3F 会議室
【交 通】東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車
【発表者】 日暮雅通さん、北原尚彦さん
【内 容】「児童&YA向けホームズものについて語ろう」
【会 費】 300円

なお、参加ご希望の非会員の方は、月例会執行部宛にメール(jshctokyoreikai@gmail.com)にてご連絡下さい (会員の方は事前連絡不要です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

2017年4月度月例会参加レポート

2月度月例会の参加レポートを天野八重子さんにお送りいただきました。自己紹介例会の雰囲気を感じていただければ幸いです。 
--------
4月9日に開催された4月度月例会は、3回目になる自己紹介例会でした。司会の遠藤さんから企画の背景や進め方について説明があった後、早速スタート。各自名前を書いた紙を順番に引いていき、2分間で自己紹介をしていきます。今回事前に告知のあったお題は①鳥取県と関連するホームズ物語は?②正典で60番目に好きな物語は?③JSHC全国大会、セミナーや例会に望むことの3つ。中にはお題を読んでこなかったという方もいらっしゃいましたが、お題以外の自己紹介もOKというJSHCらしいゆるいルールで、参加者から興味深いお話が聞けました。

個人的には最初のお題はハードルが高いと思ったのですが、鳥取県に有名な崖があることから「最後の事件」をあげたり、県の名産菓子がウサギの形をしていることから、ウサギの登場する「ノーウッドの建築師」を選ばれたりと、色々調べてきた方々がいらしてびっくり。
さらには、ホームズ物語の翻訳をした加藤朝鳥が鳥取県出身というシャーロッキアン的情報も飛び出し、皆さんさすがだなと思ったのでした。

そして選んだ方が多かったのが2番目のお題。ここでは「隠居絵具師」が大人気で、今度は「隠居絵具師の魅力」というテーマで話し合ったらいいんじゃないかという話も飛び出す始末。他も「事件簿」の短編をあげる方が多かったのですが、中には、人気ベスト10常連の「バスカヴィルの犬」「ボヘミアの醜聞」「まだらの紐」をあげる方もいて、ホームズ物語の読み方は人それぞれだなと改めて思いました。

最後のお題については、ゲームの世界でホームズが人気ということから、チームを組んで役割を決め謎解きに挑戦するゲームの提案がありました。ゲームの内容を企画するのが大変そうですが、面白そうですね。

遠藤さんの軽妙な仕切りと、執行部の見事なタイムキーパーぶりで、2巡したところでちょうどお開きの時間となりました。参加者からの差し入れのお菓子もたくさんいただき、楽しいひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »