« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

2019年1月24日 (木)

2019年2月度月例会のお知らせ

2019年2月のJSHC月例会は、恒例のリアル宝探しゲーム第6弾です。出題者の若林さんから、今回もコメントをいただきました。

「ホームズ物語60編の中に隠された黒真珠を、みんなで楽しく捜しましょう。あっと驚く騙しのテクニックに貴方も挑戦してみませんか。今回は、皆さんよくご存じのゲームをテーマにするつもりです。」

ホームズ物語の中から黒真珠を探す、というゲームの性質上、できれば正典一式(どの出版社のものでも構いません)をご持参下さい。万が一お持ちでない場合、あるいは書庫の奥の方で取り出せないという方がいらっしゃいましたら、執行部からお貸ししますが、数に限りがありますので、この際ご購入されることをお薦めします。

また、効率よく解答を得ようとする場合は、ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』などが大いに役立つとのことですので、お持ちの方は是非ご持参ください。

参加ご希望の非会員の方は、月例会執行部宛にメール(jshctokyoreikai@gmail.com)にてご連絡下さい (会員の方は事前連絡不要です)。

【日 時】2019年2月10日(日)開場13時、開始13時30分~
【会 場】アトラスタワー茗荷谷3F会議室
【交 通】東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車
【内 容】リアル宝探しゲーム「ボルジア家の黒真珠を探せ!第6弾」
【発表者】若林孝彦さん
【会 費】 300円

なお、以下は出題者の若林さんから届いた予告状です。求む挑戦者!

Yokoku1902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

2018年11月度月例会参加レポート

2018年11月度月例会の参加レポートを吉田友哉さんにお送りいただきました。月例会の雰囲気を感じていただければ幸いです。
--------
11月の例会は、「シャーロッキアーナ小ネタ集」でした。これは、通常の2時間近い発表はできなくても30分程度の発表は可能という会員の方が複数いらっしゃったということから実現されました。
終わってみればバラエティに富んだ発表を聞くことができ、いつものワンテーマの発表とはまた違う意味で非常に満足度の高いものでした。
当日は総勢6名により7つの発表が行われました。

トップバッターは仲田さんによる「時計の歴史」。
天武天皇が水時計によって日本で初めて時を測ったのが時の記念日のいわれであるというところから、14世紀以降の機械式時計の歴史、懐中時計、腕時計まで、文字通り時計の歴史を知ることができました。時計の仕組みもよく知らなかった私は、内部構造がこんな風になっていたんだ!と学ぶことばかり。そして、カンバーバッチさんのシャーロックがしていた腕時計が紹介されていて、ついつい欲しくなってしまいました。

1811_1
仲田文子さん「時計の歴史」

続いての発表は長浜さんによる「なんとなく買ったらホームズやドイルが出てきた本」。「イギリスの窓文化」や「化学と犯罪」といった、がんばればホームズの出現が予見できそうな本だけではなく、「謎の古代遺跡を歩く」や「ジョンレノンall that John Lennon」など予想不可のなもの、そして「1991横線当用新日記」など、偶然でなければホームズが登場することすら知らないまま入手できなくなってしまいそうなものまで、現物も含め紹介いただきました。

お次は日暮さんによる「ホームズとワトソンが腕を組んで歩く件」。シャーロッキアーナの観点からは挿絵と本文の比較、ビクトリアーナからは当時の風習などの観点からの分析が進み、ここまでは既に知っている方もいるかと思いますが、最後は元原稿の修正跡を検証するというドイリアーナの知識を使って結論を出すあたり、目から鱗だった方も多かったのではないでしょうか。
1811_2
この日一番の盛り上がりをみせた日暮さんの発表。ホームズとワトスンが腕を組むのがそんなに好きですか。

次は「長沼本Royal Rumble補遺」ということで、7月に開催された長沼本紹介企画の続きとなりました。明山さんからは、「推理小説ゼミナール」と「ミステリアーナ」を、卵ホームズ君がテンポよく紹介してくれる方式で発表いただきました。引用が多いとかネタバレありというのは7月の月例会でもよく聞かれたフレーズですがやはり共通しているようです。もう一冊は中島さんによる「SHの世界」。これは7月に日暮さんの発表が危ぶまれたため、中島さんが代打できるように用意したものの、日暮さんが無事に到着したため今回改めて発表することになったものでした。一番のポイントは登場人物の3Hとのこと。Hがつく三人の主要人物、おわかりですよね。ハドソン夫人がパジェットのイラストで描かれてないのが残念というのは同感でした。

続いても中島さんからの発表で、「すごく役に立つ『地球の歩き方どうでしょう』」。コンビニのローソンの一番くじので「水曜どうでしょう」と「地球の歩き方」コラボ冊子があたるのですが、その内容がヨーロッパ完全制覇ということで、フルカ峠が登場しているという紹介。実際の映像も紹介いただけましたが、7分間にわたってフルカ峠をドライブするというもので、ガードレールがなくて落ちそうで怖い様子がよくわかるものでした。

最後は、トロント公共図書館の司書を務めるペギー・パーデューさんによるホームズコレクションの紹介。トロント図書館は分館が100もありそのうちの一つリファレンス図書館の5階にドイルルームがあります。ちなみにこの建物は日系人建築家によるものとのこと。ドイル関連の資料に加えて、ホームズについても初版本をはじめ翻訳本、パスティーシュなどもあって充実している様子が伝わってきました。パジェットの原画やストランドマガジンなど貴重なものも多いようです。トロントも行きたい場所の一つになりました。

1811_3
トロント公共図書館には日本のホームズ本も沢山あります

ということで、いつもとは違った形式の月例会でしたが、こうした様々なテーマが一度に聞ける企画というのもなかなか面白いと思いました。また次回にも期待したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ