« 2020年9月度月例会のお知らせ(オンライン開催)※発表タイトル決定 | トップページ | 2020年11月度月例会のお知らせ(オンライン開催) »

2020年8月29日 (土)

2020年6月度オンライン月例会参加レポート

2020年6月度のオンライン月例会参加レポートを田村英彰さんにお送りいただきました。オンライン月例会の雰囲気を多少なりとも感じていただければ幸いです。
--------
6月14日日曜。志垣由美子さん「ネットだから出来る―コレクション公開」。月例会のZoom開催は3回め。持ち運び困難な,大きい・重い・貴重な品々をご披露いただきました。参加者は60名。外国(トロント・ブリュッセル・ロンドン)や首都圏外からの参加も多数。時程はリアルと同じ,14時から120分報告(含休憩)。質疑を経て情報交換。17時に終会。任意にて18時より再開。月例会執行部にはオンラインでの交流(Zoom飲み)に座を開放していただきました。

◆報告:志垣さん「いくらでもあるが,重いのと出しやすいのを用意しました」。
「大きいもの」。一番大きいのはクッションカバー。一番大きいテディベアは銀座博品館にて。ドアストッパー,杖,等々。パブサイン柄のパイプラックでは昔の飛行機持ち込みの重量制限が話題に。スヌーピーのガス灯型電灯は常盤台のバー閉店時に引き取り。

202006_01
クッションカバー。

「リクエストがあったもの」。チェス四種。ライヘンバッハの滝が駒になっていたのがなんとも。
「重いもの」。ブックスタンド。椅子に深く座ったホームズのブロンズ像。221Bの壁面ミニチュア。ライヘンバッハの水が入っていた1991年・百周年記念千個限定グッズはマイリンゲンの店で聞いてみたら売ってくれた。陶製ポットはコベントガーデンのお店(イロモノ多し)で購入。重いシリーズのトリは,錫製ミニチュア。1994年から六回に分けて送付(『四つの署名』か!の声あり)。六つのうち一番高かったのはマントルピース。

202006_02
マントルピース。

「ていねいに整理されている!」と感心したプラスチックの箱から取り出したのは,コイン。ソブリン金貨。名探偵コナン20周年記念。クック諸島の硬貨。SH帰還百周年記念など。
次に,ピンバッジ。海外でもコレクター多し。ボール紙に留めてありました。百はあるとのこと。
そして,一番のお宝!コリアーズのホームズイラスト掲載号。スティールの描いた表紙は14のみ,そのひとつが色鮮やかに掲げられました。コリアーズ,ストランド原紙の合本もお持ち(みなさんから嘆息あがる)。ジレットの舞台写真集の複刻。

202006_03
コリアーズ!!!

◆質疑:『名探偵コナン』は志垣さんのコレクション案件か「ホームズの格好していると案件」。 /
「火事だー」何持って逃げますか「コリアーズとか本ですね」。/
一番苦労したのは「驚かれたのは煉瓦。アビナショナルが工事したときに現地に行かないと買えなかった」。/
コレクションのノウハウ「税務署のポスターとかは積極的に貰いに行った。eBayだと送料がかかるからあまりやっていない。かつてはカタログが紙。写真がなかった」。/
この世に一個しかないものは「軽井沢の縮小銅像が十個位。ブロンズ製レリーフ。岡山支部齊藤さん筆の絵。『名探偵ホームズ』のセル画」。/
最初に買ったホームズグッズは・何を買ったときに集めようと思われたか「ロイヤルドルトンのホームズ像。普通の陶器屋さんにあった。ホームズの土産屋のは柄が変わってるとか量産される。それも買うが,思いもかけないところで買うのがいい」。/
後悔したものは「故・中原さん「買わずに後悔するより買って後悔する方がいい」とのことばもあり,見つけたら買うようにしている」「マッケンジーさん没後,コレクションがオークションに。コナン・ドイルから贈られた銀のシガレットケース。仲介業者に自分が示しておいた最高金額の”一割増し”で落札された」。

報告と質疑を終え,片付け中の志垣さんに,最近私のところに集まっているスマホケースを伺ってみたところ。私が挙げた数点は…やはり,おもちでした!
数々のグッズにめくるめく,いや目まぐるしささえ感じました。整理はちゃんとしておかないといけませんね。報告や質疑の合間に,参加されているみなさんの背景にも,様々なグッズや本が見えて,自宅からの参加に利点を感じました。私は,自室は物置状態なので仮想背景でごまかしています。それも,楽です。

◆情報交換の時間では,今回マサカのもうひとつの山場が!高校生の会員から素朴な質問。「学校での課題研究。コナン・ドイルの学歴に関してくもんの事典の記述に疑問を感じたのですが,どう捉えたらよいでしょうか」。
さっそくみなさんそれぞれお手許から,各種資料や現地訪問の記録を示してすぐさま検討。「概ねこういうことであろう」とその場での仮説も出ましたが。「専門家が直接多くの資料にあたって結論が出なかったのだから注としては「この資料にはかくかくしかじかの記述があった」といった書きぶりで留めておいたらどう?」という落としどころで締め括り。
いやースゴかった。画面共有でKindle版英語文献も出てきたり。月例会執行部の即応も流石。ネットを通してみんなですぐに検討できるなんて。スゴい時代が到来しています!
オンラインになって月例会が身近になりました。不便もあるけれど移動がないのがありがたい。未経験の方,参加を検討されてはいかがでしょうか。

|

« 2020年9月度月例会のお知らせ(オンライン開催)※発表タイトル決定 | トップページ | 2020年11月度月例会のお知らせ(オンライン開催) »

月例会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年9月度月例会のお知らせ(オンライン開催)※発表タイトル決定 | トップページ | 2020年11月度月例会のお知らせ(オンライン開催) »